行事案内

2010/11/29
12・2 裁判勝利統一行動
JMIUダイキン工業争議団・飛翔館(近大泉州)高校争議団合同 大阪地方・高等裁判所 集会・デモ
ダイキン工業は有期間社員の雇い止めを撤回せよ!
近大泉州(前飛翔館)高校 佐々木理事長は早期に争議を解決せよ!

12月2日、近大泉州(前飛翔館)高校 佐々木理事長がいよいよ高裁の法廷に立ちます。
 同日、雇い止め撤回裁判で13時10分より口頭弁論が行われJMIUダイキン工業争議団と合同で、集会、デモ、相互傍聴支援を行ないます。多くの参加と支援をお願いします。

日時:12月2日(木)12時 集合
場所:大阪地方・高等裁判所 南側
行動:意思統一集会〜裁判所一周のデモ
   
裁判傍聴 
 ・ダイキン工業裁判 13:10〜 地裁608号法廷
 ・近大泉州高校裁判 14:00〜 高裁 84号法廷




労働者を使い捨て
労働者を使い捨てにする、ダイキン工業の雇い止め事件。偽装請負を指導されて有期雇用した労働者200人を今年8月に雇い止めしておいて、新たに200人採用。労働者を者扱いする有期雇用と雇い止め解雇、大企業の横暴を許すわけにはいきません。


組合つぶしをねらって
 組合つぶしをねらって「整理解雇」と称し7名もの教員の教員を解雇。大阪地裁堺支部で解雇を認める不当判決がでましたが、大阪高裁では審理がすすみ、いよいよ学園理事長が証人として12月2日に出廷します。


 JMIU・ダイキン工業争議支援共闘会議と大私教・飛翔館支援共闘会議は、12月2日に裁判勝利に向けた合同の裁判所包囲行動を行ないます。ご支援と参加をよろしくお願いします。





前の画面に戻る / TOPページへ

Copyright 2009 大阪私学教職員組合(大私教)